« 今度は3階で | トップページ | 非破壊シロアリ点検調査 »

2019年10月27日 (日)

浴室壁内で活動するシロアリ

浴室壁内で確認されたシロアリ 昨日は大阪府内にある浴室修復中の物件に、いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼でお伺いしました。この物件は2年前に浴室で羽アリが発生し、一度シロアリ調査でお伺いしています。

この物件はパッシブソーラーシステム構造の一つであるOMソーラー構造システムで、浴室は在来構造となっています。OMソーラー構造システムでのシロアリ駆除を実施する場合、薬剤曝露リスクを考慮して実施する必要があることから、浴室を解体しそのタイミングでシロアリ駆除することをシロアリ調査の際に提案しています。なかなか浴室の問題が進まず、今回浴室壁面を一旦撤去修復することとなり、シロアリ駆除でお伺いした次第です。

浴室は胸の高さまで基礎が立ち上がっていますが、その基礎とタイルの隙間にぎっしりと蟻道が詰まっています。その蟻道の一部を壊すと活動中のヤマトシロアリが確認されました。ちなみに壁内の木部は天井付近まで被害が広がっていました。

幸いにも浴室はOMソーラー構造と完全に独立しており、薬剤処理に支障をきたすことはありませんでした。薬剤処理は壁面に対して実施するとともに、将来的に薬剤処理ができるようハウスビルダーさんに工夫していただくよう打ち合わせを行いました。

当該構造での理想は在来構造の浴室を撤去し、ユニットバスに入れ替えた際適切なシロアリ対策を施すべきとお話しはさせていただきました。将来的には是非実施して欲しいところですね。

|

« 今度は3階で | トップページ | 非破壊シロアリ点検調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は3階で | トップページ | 非破壊シロアリ点検調査 »