« 駆除済外構部 | トップページ | 厄介な被害跡 »

2019年10月20日 (日)

再侵入は確認されませんでした

再侵入は確認されませんでした 昨日は定期点検調査のため、兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件は10年前に玄関周辺を駆除処理しており、その後2年目まで定期点検調査を実施していました。その後、暫くの間定期点検調査の依頼をいただいていなかったところ、2年前に和室でシロアリ被害が報告されたことからシロアリ調査と併せて駆除処理を行っています。お施主さまも定期的な点検調査が必要と考えられ、今回シロアリ点検調査の依頼をいただきました。

シロアリ調査の結果、シロアリ駆除は完了しており地中の蟻道にも活動は確認されませんでした。今回の事例では、点検調査の重要性、雨漏れは絶対に放置してはいけないことなど多くの教訓が得られました。シロアリ調査でシロアリの侵入が確認されていなくても、いつ侵入するかわからないので点検調査を定期的に行うことが重要です。

薬剤を撒けば5年間の保証がありますが、高額な割に5年間というのは僅かな期間です。5年が過ぎるとシロアリ防除業者は再処理を勧めます。本当に高額な処理が必要なのか、定期的なシロアリ調査、床下点検を行うことでもシロアリ対策になることを覚えておいていただくと有難い次第です。

|

« 駆除済外構部 | トップページ | 厄介な被害跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駆除済外構部 | トップページ | 厄介な被害跡 »