« ウッドデッキ被害部 | トップページ | 蟻道は1箇所のみ »

2019年11月23日 (土)

予防接種

かかりつけ医院での予防接種 午前中の現場が終わり何とか昼前に、かかりつけの医院であるふなもとクリニック(西宮市甲子園浦風町)に飛び込みインフルエンザの予防接種をしてきました。インフルエンザの予防接種は、かなり以前から毎年接種しています。

一昨年、インフルエンザに罹患した際には、比較的軽い症状で済みましたがが、昨年罹患した際には1週間近く発熱が続き、現場で這いながらのなんとか仕事をこなしました。本来であればきちんと休むべきところですが、日程調整できない現場がたまたま重なってしまったことが原因です。予防接種にある程度効果があるのは実感していますが、やはり休養することも必須なようです。

家屋について予防ということで薬剤処理を勧めることが一般的となっていますが、当社ではお薦めしていません。薬剤処理のリスクとしては、高濃度の殺虫剤を大量散布するためお住まい方への薬剤曝露リスクが挙げられることが一番の理由です。近年のベタ基礎構造の住宅であれば、シロアリ侵入リスクは比較的低くなっています。それなのに高額な薬剤処理は、対費用効果としてはいかがなものでしょうか。高額なシロアリ予防処理に費用をかけるのであれば、生物劣化の大きな要因である雨漏れ対策としての屋根や外壁にお金をかけるべきと考えます。シロアリについては、定期的なシロアリ調査を実施し、早期発見に努めればよいのです。シロアリ調査であれば高額な費用は必要でなく、対費用効果の高いシロアリ対策となっています。シロアリ調査の主として床下側からの点検調査となっていますが、配管からの水漏れや壁内を通ってきた雨漏れなども点検調査しますので、家屋の健康診断と思っていただいて結構です。薬剤を撒くことだけが、安心ではないのです。

|

« ウッドデッキ被害部 | トップページ | 蟻道は1箇所のみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウッドデッキ被害部 | トップページ | 蟻道は1箇所のみ »