« 大顎同定 | トップページ | 四面楚歌な床下 »

2019年11月12日 (火)

シロアリ調査は精査が必須

シロアリ調査は精査が必須 昨日はいつもお世話になっている設計事務所さんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。廊下がブカブカするという建築士の先生の知人の方のお宅でのシロアリ調査です。

床下側から点検調査した結果、廊下のブカブカした原因は腐れやシロアリではなく、合板の劣化でした。合板は接着剤が使われていますが、この接着剤が劣化すると強度が低下してブカブカと感じます。そろそろリフォームを考えても良い時期になっているのではと回答させていただきました。

シロアリ調査を無料で行うことが一般的ですが、きちんとしたシロアリ防除業者であれば調査結果を元に、問題なければ問題ないので何もしなくてよいと回答します。但し、これではシロアリ防除業者は赤字以外に何者でもなく、交通費や人件費などの経費がかかるだけとなります。そのため多くのシロアリ防除業者ではシロアリ予防処理を勧め、シロアリ調査の費用もそこで回収します。その際、問題ないですがと前置きして処理を勧める場合はまだ正直でマシですが、色々と理由をつけて処理を勧めることも多く行われています。嘘をついている訳ではないと思いますが、これまでの経験から問題ない床下なのに、何かと理由をつけてシロアリ工事をさせることが多いのが業界の実態です。

しかし当社ではシロアリ調査の費用とシロアリ対策の費用を分けており、シロアリ調査で何も問題なければ薬剤は撒きません。それだけにシロアリ調査は責任を持って、きちんと精査します。床下側から点検調査できない箇所については、非破壊シロアリ探知機を用いて点検調査を行います。有料でいただいている以上、納得いただけるシロアリ調査を行うのが当社の方針です。

|

« 大顎同定 | トップページ | 四面楚歌な床下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大顎同定 | トップページ | 四面楚歌な床下 »