« 巣系は地中に | トップページ | 水道料金が倍に »

2019年11月17日 (日)

侵入しやすい箇所があったものの侵入していませんでした

侵入しやすい箇所があったものの侵入していませんでした 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、シロアリ調査のため兵庫県内の物件に現場監督さんと同行しました。リフォームを予定している物件で、実施前にシロアリ対策が必要か否かを調べるため、シロアリ調査を実施することとなりました。

床下側からの点検調査を実施した結果、現時点でシロアリ被害は確認されず、シロアリの侵入や生息は確認されませんでした。新築時に薬剤処理をして以降20年以上経過していますが、シロアリは侵入していません。これは、元々シロアリが生息していないところに家を建てただけにしか過ぎないのです。間違えてはいけないのが、後からシロアリが来るのではなく元々シロアリが生息しているのがほとんどです。健康な土壌であればシロアリは地中に生息しているのが一般的で、シロアリが生息しているところに家を建てるので侵入するリスクは高いのです。

地中にシロアリが生息しているからといって、必ず家屋内へ侵入するとは限りません。床下が湿気ているなど関係なく、シロアリが餌を求めて侵入するか否かです。地中に餌が沢山あると、わざわざ家屋内へ侵入する必要はないのです。ちなみにこの物件では写真のようにシロアリが侵入しやすい箇所もあったのですが、結果的に侵入していません。この物件ではシロアリの侵入するリスクが低いので、薬剤処理の必要はなく定期的なシロアリ調査で対応可能と判断させていただきました。

|

« 巣系は地中に | トップページ | 水道料金が倍に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣系は地中に | トップページ | 水道料金が倍に »