« 粘着ローラーによる採取 | トップページ | 侵入しやすい箇所があったものの侵入していませんでした »

2019年11月16日 (土)

巣系は地中に

地中の巣系を意識した処理昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ対策でお伺いさせていただきました。この物件では、ハウスビルダーさんから初夏にシロアリ調査依頼をいただき、点検調査を行なっています。

シロアリ調査を実施するに至った経緯ですが、建物に隣接するウッドデッキにシロアリ被害が確認されたことが理由です。シロアリ被害自体はかなり以前から確認されていたようですが、ある日お施主さまが活動中のシロアリが確認されたことから、熱湯をかけて駆除しようとされたそうです。しかしシロアリは駆除できず、まだ活動していたとのことから、市販されているシロアリ薬剤を撒かれたそうです。しかしこれも効果不十分で、依然としてシロアリが活動していることから、ハウスビルダーさんに相談されたことがシロアリ調査及び対策を実施することとなった次第です。

シロアリ調査結果から、被害はウッドデッキだけで家屋には到達していませんでした。シロアリは地中に生息し、床組に蟻道を構築してウッドデッキに到達しています。このようなケースでは、被害部に薬剤処理するとともに地中の巣系を意識した処理が必須です。どの薬剤を使うかだけでなく、処理濃度や処理方法も最適化しないと地中の巣系の駆除は困難ですので、ご注意ください。

|

« 粘着ローラーによる採取 | トップページ | 侵入しやすい箇所があったものの侵入していませんでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粘着ローラーによる採取 | トップページ | 侵入しやすい箇所があったものの侵入していませんでした »