« 屋外の柱 | トップページ | 2019年12月度ウェブサイト更新 »

2019年11月30日 (土)

門扉のシロアリ被害

門扉のシロアリ被害 昨日はいつもお世話になっている設計技術者さんからのご紹介で、滋賀県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。門扉にシロアリ被害と生息が確認されているとのことから、今後のシロアリ調査及び対策の打ち合わせも兼ねての訪問です。

早速門扉部分の被害状況について調査を実施、その被害の一部が右の写真です。木材表面が僅かに削れたように食害されており、当初は蟻土で覆われていたようです。地面の多くは土間コンクリートが打設されていますので、シロアリの侵入経路は石場の接合となります。僅かな薬剤処理だけで対応可能でしたので、処理させていただきました。

母屋についてはこれまで設計技術者の方がシロアリ調査を実施されており、3年前の点検調査ではシロアリ被害や生息はなかったとのこと。今回一部リフォーム予定なのですが、元々三和土土間だったところを部屋にリフォームしているため、床下の高さが殆どない構造となっています。今回この部分のリフォームを予定しており、シロアリ対策をどうすべきかについて相談を受けました。

お施主さまは軽度ながらも化学物質過敏症があるため、薬剤処理は避けたいとのこと。物理的な対策を考慮し、今後工務店さんと打ち合わせをしながら進めたいと思います。また、母屋の床下点検調査は、リフォーム中のタイミングを見計らって実施する予定です。ちなみにこの物件では、過去にシロアリ防除処理が実施されており、かなり問題があるようですのでまたの機会でご紹介したいと思います。

|

« 屋外の柱 | トップページ | 2019年12月度ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋外の柱 | トップページ | 2019年12月度ウェブサイト更新 »