« 処理跡が確認されましたが | トップページ | 見えない箇所でのしつこい発生 »

2019年12月 8日 (日)

広範囲に確認されたシロアリ被害

蟻道内で活動中のヤマトシロアリ 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、リフォーム予定の物件に事前シロアリ調査でお伺いしました。担当者による事前の調査で蟻道が確認されたとのことから、シロアリ対策立案のためシロアリ調査を行いました。

建物自体がやや古く換気口の数が不足してることから、湿気が滞留しておりカビ臭が蔓延していました。蟻道はほぼ全ての床下で確認されており、その殆どで活動中のヤマトシロアリが確認されました。リフォームは建物のおよそ1/3を予定しており、水廻りを中心に撤去される予定です。

これだけシロアリの生息密度が高いと、シロアリ駆除を先行して行う必要があります。ハウスビルダーさんと撤去のスケジュール調整を行う必要があり、お施主さまのコンセンサスも必要です。幸いなのが、時代的によい木材が使用されているため、構造材への被害は軽微です。最小限のコストで最大限の効果が得られるよう、最大限の努力をしたいと思います。

|

« 処理跡が確認されましたが | トップページ | 見えない箇所でのしつこい発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 処理跡が確認されましたが | トップページ | 見えない箇所でのしつこい発生 »