« 駆除は完了しています | トップページ | 放置してはいけない屋外の被害 »

2019年12月14日 (土)

地下室の絡むシロアリ被害

窓枠付近で確認されたヤマトシロアリ羽アリの翅 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。この物件では本年5月にキッチン窓枠付近で羽アリが発生したとのことから、点検調査のためお伺いした次第です。

現場で羽アリの発生が確認された窓枠付近の点検調査した結果、ヤマトシロアリ有翅虫(羽アリ)の落翅が確認されました。周辺に被害が確認されなかったため、発生ポイントは他にあるものと判断されました。ちなみにこの窓枠の床下部分にあたる箇所ですが、地下室となっています。地下室について点検調査した結果、土台付近に比較的大きなシロアリ被害が確認されました。これは上部の雨漏れに伴うものであり、この雨漏れがシロアリの侵入を促進させたものと考えられました。

シロアリ被害は当該箇所だけでなく、浴室側土台や浴室入口枠、便所入口枠など広範囲に確認されました。これらはシロアリ被害は北側から西側にかけて広がっていましたが、南側の玄関付近や東側屋外でも確認されました。問題は地下室以外の部屋に床下があるのですが、床下点検口がないことです。これだけシロアリ被害が広範囲に確認されていることから、床下側でもシロアリの侵入や被害は高い確率であるものと考えられました。改めて床下点検口を新設した上で再度シロアリ調査を行い、より具体的なシロアリ対策を立案する予定です。

|

« 駆除は完了しています | トップページ | 放置してはいけない屋外の被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駆除は完了しています | トップページ | 放置してはいけない屋外の被害 »