« 25年が経ち | トップページ | 撤去された浴室 »

2020年1月18日 (土)

予防残留噴霧

タバコシバンムシの発生した和室 昨日はいつもお世話になっている住宅管理会社さんからの依頼で、大阪府内のマンションにお伺いしました。この住戸では和室に甲虫が出現するとのことから、その甲虫を送付いただき同定しています。ちなみにこの住戸で確認された甲虫は、タバコシバンムシです。

タバコシバンムシは、家屋内にある乾燥食品などありとあらゆる乾燥動植物質を食害する害虫です。調査にお伺いした際、聞き取り調査では和室に毎晩10~20匹確認されたとのこと。これらの数が生息できる乾燥動植物質となると、畳が挙げられます。畳に対する薬剤処理も有効ですが、新品に交換することも対策の一つとなります。最終的には、住宅管理会社さんとオーナーさまとの協議で、畳の交換となりました。畳下に卵や幼虫が落ちる可能性も考えられたことから、薬剤処理を実施することとなりました。畳下にはコンクリートの上に断熱材が敷き込まれていましたので、使用する薬剤に配慮を行い薬剤処理を行いました。

タバコシバンムシは人に危害を与えませんが、タバコシバンムシに寄生するシバンムシアリガタバチは人を刺します。刺されると、強烈な痛みや腫れ、かゆみを引き起こすため注意が必要です。

|

« 25年が経ち | トップページ | 撤去された浴室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25年が経ち | トップページ | 撤去された浴室 »