« 確定申告準備 | トップページ | 古い被害に見えますが »

2020年1月26日 (日)

増築箇所でのシロアリ被害

増築箇所でのシロアリ被害 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査のためお伺いしました。リフォーム中、解体した箇所でシロアリ被害らしきものが確認されたとのことです。

早速現場で確認すると、土台部分にシロアリ被害が確認されました。ただし、現時点でシロアリの活動は確認されていません。ちなみにこの場所は以前玄関であった箇所ですが、前回のリフォームで増築により床下になった箇所とのことです。今回も増築部分は継続ですので、床下は継続されます。

床下は土となっていますが部分的に袋小路となっているため、空気の流れはなくシロアリが上がりやすい環境となっています。袋小路状態は解消されませんので、薬剤処理は必須です。全体的に薬剤処理が必要かどうかは微妙なところで、お施主さまとハウスビルダーさんの意向を踏まえ、対策を纏めたいと思います。

リフォームの解体時には、いろいろな箇所を見ることができます。ハウスビルダーさんには、シロアリ被害の有無の係わらず現場調査の依頼をお願いしていますが、連絡をいただくのは一部のハウスビルダーさんだけです。中にはシロアリ被害があっても、生息していないからと連絡をいただかないハウスビルダーさんもおられます。これまでに何度か事例を見てきていますが、将来的にシロアリが再侵入するケースが多く、必ずシロアリ調査を依頼いただくよう期待したいものです。

|

« 確定申告準備 | トップページ | 古い被害に見えますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確定申告準備 | トップページ | 古い被害に見えますが »