« ホウ酸製剤とヒラタキクイムシ | トップページ | 定期管理 »

2020年2月10日 (月)

定期点検調査

y小屋裏で確認された落翅 昨日は継続的に実施しているアメリカカンザイシロアリ対策のため、兵庫県内の物件にお伺いしました。お施主さまからの聞き取り調査と、小屋裏等の点検調査を行いました。

お施主さまからの聞き取り調査では、室内側でアメリカカンザイシロアリの有翅虫(羽アリ)や糞の堆積は確認されていないとのことです。小屋裏での点検調査では、アメリカカンザイシロアリの落翅が確認されましたが、木材に潜り込んだサインである木粉の堆積は確認されませんでした。

この地域はアメリカカンザイシロアリが多発している地域で、屋根周辺では隙間があるため容易に侵入が可能です。アメリカカンザイシロアリの羽アリも、なんとか小屋裏へ侵入でき落翅したものの、木材内部へ侵入できなかったようです。その理由としては、当該小屋裏に薬剤処理を施しているため、侵入や営巣はできないと考えています。

使用する薬剤については、自社で飼育しているアメリカカンザイシロアリを用いて、薬剤と接触してからの挙動を調べた上で、処理方法と合わせて選択しています。今のところこれが現場ベストな処理方法ですが、これに代わる方法も模索して行きたいと思います。

|

« ホウ酸製剤とヒラタキクイムシ | トップページ | 定期管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホウ酸製剤とヒラタキクイムシ | トップページ | 定期管理 »