« 被害材内部から | トップページ | 労災保険更新 »

2020年3月 9日 (月)

床下では発生していないようです

床下側に問題はありませんでした 昨日はシロアリ調査の依頼をいただいた、兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件では、昨年の春に屋外の外構部で羽アリを確認したとのことです。外構部なので気にされていないかったとのことですが、知り合いの建築士の先生に相談したところ、きちんとシロアリ調査をしてもらうことが重要と、当社をご紹介いただいた次第です。

外構部は外壁柵部分で、地面と接地状態がありシロアリ被害も確認されました。どうやら羽アリは、当該箇所から発生したものと考えられました。床下側からの点検調査を実施した結果、現時点でシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。基礎の構造ですが、布基礎に土間コンクリートというひと昔前の構造です。コンクリートにより全面が囲まれているため、シロアリが侵入し難いと考えられますが、実際には布基礎と土間コンクリートの接合部にあるクラックから侵入します。床下がコンクリートなのでシロアリは侵入しないと思い込んでいる設計者さんやお施主さまが多く、点検調査を怠りがちなため被害が甚大となる傾向があるため注意が必要です。

ちなみにこの物件では、布基礎と土間コンクリートの接合部にクラックはほとんど確認されませんでした。これは傾斜地に建てられているため、一般的な土間コンクリートよりも厚みがあることによって、接合部の強度が上がったものと考えられました。この物件では薬剤処理の必要はなく、定期的に点検調査を実施すれば十分シロアリ対策になります。無理に、高額な薬剤処理を行う必要はないのです。

|

« 被害材内部から | トップページ | 労災保険更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被害材内部から | トップページ | 労災保険更新 »