« 土壌灌注処理 | トップページ | 2020年4月度ウェブサイト更新 »

2020年3月31日 (火)

紛らわしい

紛らわしい木粉堆積 右の写真は、アフリカヒラタキクイムシ対策を実施している物件で撮影した1枚です。扉の下に木粉の堆積が確認されたことからお伺いしました。

この物件では数年前から対策を実施しており、洋室では100箇所以上成虫脱出孔が確認されたものの、薬剤処理及び物理的対策により翌年には新たな成虫脱出孔やフラスの堆積は確認されていません。しかしモニタリング用として設置したライトトラップには、毎年1匹が捕獲される状況です。

問題の木粉の堆積ですが、扉やその他周辺の木部に成虫脱出孔はありません。更に調査を進めると、木粉の堆積の原因が判明しました。当該箇所に置かれていた樹脂製のラックで、引き出しを出し入れした際に擦れが発生、その際に出る粉がまるで木粉が堆積したかのようなったものでした。

非常に紛らわしい事例でしたが、成虫脱出孔の有無を調べて原因を突き止めれば問題ありません。木粉=ヒラタキクイムシ類の被害でないケースもあるため、技術者に判断を委ねることが重要です。

|

« 土壌灌注処理 | トップページ | 2020年4月度ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土壌灌注処理 | トップページ | 2020年4月度ウェブサイト更新 »