« リフォーム中の対策打ち合わせ | トップページ | 申告所得税申告及び納付期限延長 »

2020年3月15日 (日)

ライトトラップメンテナンス

ライトトラップメンテナンス 昨日は継続的にアフリカヒラタキクイムシ対策を実施している案件で、大阪府内の物件にお伺いしました。フローリングに成虫脱出孔とフラス(木粉)の堆積が確認され、薬剤処理と物理的対策を実施した案件です。

フラスの堆積や新たな成虫脱出孔の発生は、対策初年度以降確認されていません。これで対策終了と考えるのは素人考えで、壁内に使用されている材料に生息していると仮定してモニタリングを実施する必要があります。その方法として、アフリカヒラタキクイムシの特徴である正の走光性(光に集まる性質)を利用し、壁内とつながっている天井裏にライトトラップを設置しています。

ライトトラップは虫を寄せる紫外線ランプが取り付けられていますが、その効果は半年から1年となっていますので、今シーズンのスタートとして紫外線ランプの交換を行いました。併せてモニタリングシートとなる捕虫紙も交換しています。

また、今回併せて薬剤処理も併せて実施しています。この処理で効果を示してくれればよいのですが、木材内部に生息する幼虫にまで薬剤は届きませんので残念ながら効果は期待できません。それでも成虫が交尾する前に致死すればと期待して薬剤処理を実施しています。もちろん、ライトトラップによる捕獲も生息数削減には役立っていますので、こちらも重要です。このようにアフリカヒラタキクイムシでは複合的に対策を取りことが必須です。

|

« リフォーム中の対策打ち合わせ | トップページ | 申告所得税申告及び納付期限延長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフォーム中の対策打ち合わせ | トップページ | 申告所得税申告及び納付期限延長 »