« 被害部注入処理 | トップページ | 基礎構造 »

2020年3月20日 (金)

活性向上

活性が向上してきたヤマトシロアリ 右の写真は、昨日ご紹介した現場で撮影したシロアリです。蟻道を壊した際に確認された、活動中のヤマトシロアリです。

先月までは活性が鈍いため壊した場所でほとんど動かない状態でしたが、壊すと一斉に逃亡する様子が確認されました。季節の進行とともに、シロアリの活性も上がってきたようです。条件の揃った場合には、来月の中旬には羽アリの発生が確認されます。今年の暖冬からすると、4月上旬には羽アリが発生する可能性も考えられます。

シロアリのコロニー内では、羽アリ発生のための準備が着々と進められています。羽アリ発生は巣別れ行動の一つですが、コロニーの一部にしか過ぎません。羽アリが発生した場合、コロニーが近辺にあることを示しています。このサインを見逃すと、シロアリ被害が拡大しますのでご注意ください。

|

« 被害部注入処理 | トップページ | 基礎構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被害部注入処理 | トップページ | 基礎構造 »