« 生息想定箇所薬剤処理 | トップページ | 玄関付近で徘徊するアリ »

2020年4月 5日 (日)

被害部注入処理

被害部注入処理昨日ご紹介した物件では、リフォームによって床下点検口がありませんでした。そこで今回床下点検口を新設いただいたことから、施工前に点検調査を実施しました。

床上からの点検調査結果で、浴室入口枠付近にシロアリ被害が確認されています。床下側からの点検調査でもシロアリ被害が確認されました。ちなみに昨日ご紹介したキッチン側のシロアリとはかなりの距離があり、コロニーは異なるものと判断されました。

なお当該箇所も、床下側から薬剤注入処理を実施しています。かなりの水漏れ跡が確認されていますので、浴室側のクラックの止水をお願いしました。水漏れがあると、シロアリを呼び込み易いので注意が必要です。

家屋内でシロアリ被害が見つかった場合、巣は一つと限りません。ヤマトシロアリでは、巣の分離融合を繰り返すことができるため、シロアリ駆除にミスがあるとシロアリの巣が分離され、生き延びることができま、この場合翌年或いは翌々年に羽アリが発生します。シロアリ駆除には、コロニーを意識した処理が必要です。マニュアルに準じた処理では、本当のシロアリ駆除ではありませんのでご注意ください。

|

« 生息想定箇所薬剤処理 | トップページ | 玄関付近で徘徊するアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生息想定箇所薬剤処理 | トップページ | 玄関付近で徘徊するアリ »