« やっと虫体が採取できました | トップページ | イエシロアリの羽アリが侵入した物件 »

2020年6月21日 (日)

隅々まで点検調査すること

床組に確認された蟻道 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件はリフォーム予定の物件で、リフォーム前にシロアリ調査をしておこうとなった案件です。

シロアリ調査を実施した結果、広範囲に蟻道の構築やシロアリ被害が確認されました。この物件では、人通口(床下通風口)が狭いため、多くの場所で床下点検口を新設いただきました。人通口を広げるため、基礎を壊すシロアリ防除業者がいますが、耐震性を損なうため当社ではお薦めしていませんし、ハウスビルダーさんも推奨していません。そのため、複数の箇所に床下点検口を新設することとなりました。

今回、これら箇所で多くのシロアリ被害を確認しました。隅々まで点検調査することが重要であり、適切なシロアリ対策を実施しなければなりません。床下に侵入できないからと、安易に薬剤を飛ばして処理を行うシロアリ防除業者がいますが、大間違いです。シロアリの侵入経路と生息範囲に薬剤処理を行うのが、本来のシロアリ駆除でありシロアリ対策なのです。

|

« やっと虫体が採取できました | トップページ | イエシロアリの羽アリが侵入した物件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと虫体が採取できました | トップページ | イエシロアリの羽アリが侵入した物件 »