« 粘着トラップ調査 | トップページ | 浴室で発生した羽アリ »

2020年6月24日 (水)

アメリカカンザイシロアリ羽アリ群飛

粘着ローラーのテープに捕獲されたアメリカカンザイシロアリの羽アリ 昨日は、アメリカカンザイシロアリの定期管理を実施している兵庫県内の物件にお伺いしました。羽アリが群飛したとのことから、お伺いした次第です。

この物件ではアメリカカンザイシロアリ被害の特徴の一つである、砂状の糞の堆積が見られるのは極僅かで、1年で1箇所あるかないかという状況です。しかしながら、毎年コンスタントに羽アリが発生します。アメリカカンザイシロアリはその生態から、小屋裏での被害拡大がよく見られますが、この物件では小屋裏での被害はありません。当該事例では壁内で生息し、被害を格段させています。

今回発生した箇所はリビングの出窓周辺で、アメリカカンザイシロアリの被害として多く見られる事例です。これは窓枠の隙間から羽アリが侵入し定着したものと考えられます。この出窓は少し厄介な構造で、発生箇所内部を確認できるようにしたいのですが、簡単には確認できないようになっています。この対応については、協力して貰える大工さんに意見を伺いながら進めたいと思います。

お施主さまには以前から、羽アリが発生したら窓枠付近に粘着ローラーのテープ部分を置いていただくようにお願いをしています。アメリカカンザイシロアリの場合、羽アリが新しいコロニーを創出する確率が高いため、羽アリを確実に駆除することが重要です。

|

« 粘着トラップ調査 | トップページ | 浴室で発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粘着トラップ調査 | トップページ | 浴室で発生した羽アリ »