« 2020年9月度ウェブサイト更新 | トップページ | 天井付近のシロアリ被害 »

2020年9月 2日 (水)

建物構造と薬剤特性

建物構造と薬剤特性を考慮した処理 右の写真は、先日シロアリ駆除処理でお伺いした物件で撮影した1枚です。普段使用しない部屋の扉に、シロアリが構築した蟻道が確認されている事例です。

扉の接合部からシロアリが侵入していますが、勝手口に近い場所で床下側に蟻道は確認されていません。勝手口の土間側から侵入しているものと考えられました。このケースでのシロアリ駆除処理では、極少量の薬剤で処理を行っています。

お施主さまが、できるだけ薬剤を使用して欲しいとの要望から処理を行っています。この場合の侵入経路、コンクリートの接合部から侵入していますので、その隙間に薬剤をゆっくりと流し込むことで対応可能です。但しこの場合に使用する薬剤は、忌避性の高い合成ピレスロイド系薬剤は不可です。ドミノ効果があるとされているネオニコチノイド系薬剤も、最適ではありません。ネオニコチノイド系薬剤は、致死までの時間が早く伝搬効果はこのケースで期待できません。

それならばもっと遅効性の薬剤を使えばよいのですが、殆どの薬剤には濃度勾配があり、高濃度では致死時間が短くなり、低濃度になると致死時間が長くなります。薬剤の基本活性、殺虫効力を加味して、薬剤の処理濃度と処理量を決めます。当然ですが、今回のように構造的観点から薬剤の入る量が少ない場合など、特に注意が必要です。無駄な穿孔注入は、不必要な場所に薬剤が流れ出すだけですので、効力に関係ありません。薬剤量が多いから効くというものではありませんので、ご注意ください。

|

« 2020年9月度ウェブサイト更新 | トップページ | 天井付近のシロアリ被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年9月度ウェブサイト更新 | トップページ | 天井付近のシロアリ被害 »