« 生息部注入処理 | トップページ | 講演資料作成 »

2020年9月11日 (金)

外部侵入

屋外部薬剤処理 昨日は、以前シロアリ駆除でお世話になったお施主さまからご相談いただきました。2階のキッチン付近でクロアリが徘徊しているとのことからお伺いした次第です。

徘徊しているクロアリを捕獲し同定した結果、室内徘徊種としてよく見られるルリアリでした。タンパク質を好むアリのため、室内に餌を求めて外部から侵入したものと考えられました。キッチンに隣接するベランダを調査した結果、ルリアリの徘徊が確認されました。動きを観察すると、1階から壁を伝わって登ってくる様子が確認されました。

薬剤処理では、これらルリアリの徘徊場所に処理を行いました。ルリアリはタンパク質を好む種類のため、市販のアリ用毒餌剤ではなかなか効果が得られないことが多いようです。これは毒餌剤に含まれる誘引成分の問題で、タンパク質を配合させるのが安定性の問題から困難なようです。そのため、当社でもお問い合わせをいただくアリの中でルリアリは多くなっています。

家屋内にルリアリが侵入するケースでは、壁内に営巣することが多いので注意が必要です。早期に適切な対応をすることが重要です。

|

« 生息部注入処理 | トップページ | 講演資料作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生息部注入処理 | トップページ | 講演資料作成 »