« 畳寄せに確認されたシロアリ被害 | トップページ | 床下では活動中 »

2021年1月15日 (金)

屋外に形成された蟻道

屋外に形成された蟻道 昨日はいつもお世話になっている設計事務所の先生からの依頼で、京都府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。基礎の屋外面に蟻道が確認されており、室内側でもシロアリ被害が確認されているとのことです。

早速現場で状況調査を行うと、右の写真のとおり基礎面に蟻道の構築が確認されています。室内側の被害ですが、蟻道が壁内に入っている箇所から少し遠い場所で確認されています。床下側から天譴調査した結果、この蟻道周辺の床組に蟻道やシロアリ被害は確認されませんでした。

その他の場所ですが、勝手口土台の交差部に蟻道の構築が確認されました。ちなみにこの物件の基礎構造はベタ基礎で、床下側基礎には蟻道の構築は確認されていません。明らかに家屋への侵入は別系統と判断し、屋外側の点検調査を行った結果、勝手口コーナー部分で蟻道が確認されました。勝手口踏み台の僅かな隙間から立ち上がっており、よく見ないとわからない状態でした。

当該事例では、床下に薬剤処理する必要はありません。蟻道の立ち上がっている箇所から適切な薬剤処理を施し、地中の巣系を駆除すれば問題ありません。後は定期的に建物外周部を目視調査すれば十分で、床下に薬剤を撒く必要は全くないのです。

|

« 畳寄せに確認されたシロアリ被害 | トップページ | 床下では活動中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畳寄せに確認されたシロアリ被害 | トップページ | 床下では活動中 »