« 2021年1月度ウェブサイト更新 | トップページ | 捕虫紙検定 »

2021年1月 2日 (土)

資料作成

住宅医スクール2021年始は現場作業がなくコロナ禍もあり、事務所や自宅で事務処理や資料作成を行なっています。その資料作成の一つとして、一般社団法人住宅医協会が主催する住宅医スクール2021で講演予定の資料作成を行っています。

昨年度の住宅医スクール2022はコロナ禍の影響により中止となりましたが、本年度については、オンラインで開催されることとなりました。住宅医スクール2021年は1月から11月まで開催されており、オンラインにて年1回通年制で合計12日間 24講義が開催予定となっています。詳細は一般社団法人住宅医協会の住宅医スクール2021をご参考ください。

小員の講義予定は2月27日(土) で、『防蟻対策の実務〜蟻害事例から学ぶ診断・対策のポイント』という題目で講演予定です。ちなみに住宅医スクール2021では1日(2講義)から受講可能で、スポット受講は10,000円/2講義とのこと。 オンライン講義ですので、オンデマンド受講も可能となっています。 小員講演の同日の講演は京大大学院簗瀬准教授による『木材の劣化対策~木材腐朽菌・害虫の生態と対策』となっています。

住宅医スクールは既存住宅の調査診断・改修設計・施工・維持管理等の基礎から実践までを学ぶ実務者向けスクールで、小員の講演は劣化対策の一つです。住宅とシロアリは切っても切れない関係にあり、ベタ基礎構造にすれば侵入しないと考えるのは危険です。今回の講演では、シロアリ対策をどう考えるかを、シロアリの生態を踏まえての内容となっています。ご興味のある方は上記協会のホームページをご参照ください。

|

« 2021年1月度ウェブサイト更新 | トップページ | 捕虫紙検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年1月度ウェブサイト更新 | トップページ | 捕虫紙検定 »