« 労災保険更新 | トップページ | 過去に発生した羽アリ »

2022年3月 6日 (日)

住宅医セミナー2022

住宅医セミナー2022 昨日は一般社団法人住宅医協会主催の住宅医スクール2022(第13期)で講師を務めさせていただきました。講義内容は昨年に引き続き『防蟻対策の実務〜蟻害の事例から学ぶ、診断・対策のポイント』という内容です。例年では東京及び大阪を中心に開催されていましたが、コロナ禍の影響で昨年からオンラインでの講習となっています。一般社団法人住宅医協会事務局フクマチヤ(大阪市福島区)から配信するため、お伺いしました。

例年実施している講演内容を毎年モディファイする内容で、基本構成は『シロアリの種類と生態』、『シロアリ被害事例の紹介』、『シロアリ対策の方法』、『薬剤の種類と安全性』など多岐に渡っています。建築士の先生やハウスビルダーさんがスクール生なので、シロアリ被害事例を多数紹介させていただき、何故そうなるのかをご説明させていただきました。

ベタ基礎でのシロアリ侵入事例、コンクリートを過信してはいけないこと、シロアリ対策の原則である構造的な工夫、土と木を接触させてはいけないこと、ややこしい構造にしないこと、床下調査のポイントなどを多岐に渡ってご紹介させていただきました。事務局さんのお話しでは、質疑の数が圧倒的に多いそうです。

右の写真に写っておられるのは京都大の簗瀬先生で、小員の講演の前に『木材の劣化と対策~木材腐朽菌・害虫の生態』で講演されました。毎年ご一緒させていただいており、アフタースクールとしてYouTube撮影(住宅医協会HP)もしておりますのでご覧いただけましたら幸いです。

|

« 労災保険更新 | トップページ | 過去に発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 労災保険更新 | トップページ | 過去に発生した羽アリ »