« 長期優良住宅 | トップページ | 床下炭マットは必要なのか »

2022年5月12日 (木)

和室で発生したヤマトシロアリ羽アリ

屋外基礎面に構築された蟻道 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。建築士に先生の知人宅で、和室で羽アリが発生したとのことからシロアリ調査でお伺いしました。

当該物件の床下構造は布基礎で、土壌表面には防湿シートが敷き込まれており、砕石が押さえとして使用されています。床下側から点検調査を実施した結果、シロアリの侵入及び生息、被害などは確認されませんでした。そうなるとシロアリの侵入は屋外側と考えられることから、屋外側の調査を行いました。

それが右の写真で、屋外基礎面に蟻道の構築が確認されました。和室で発生したヤマトシロアリ羽アリは、この蟻道から侵入したものと考えられました。このようなケースで、床下側に薬剤を撒いてもシロアリ駆除はできません。過去にもこのような事例があり、あるシロアリ防除業者が床下に薬剤を何度撒いても、毎年羽アリが発生することがありました。シロアリ対策の原点であるシロアリ調査で、侵入経路と生息範囲の把握を怠ったことが原因です。シロアリ調査は、薬剤を撒くための理由を捻出するために実施するものではないのです。

|

« 長期優良住宅 | トップページ | 床下炭マットは必要なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期優良住宅 | トップページ | 床下炭マットは必要なのか »