« 和室で発生したヤマトシロアリ羽アリ | トップページ | 過去にシロアリ防除処理が実施されていますが »

2022年5月13日 (金)

床下炭マットは必要なのか

発生したヤマトシロアリ羽アリ 昨日はいつもお世話になっている設計事務所の先生からの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。浴室から羽アリが発生したとのことから、シロアリ調査で同行しました。

この物件は設計事務所の先生の知人宅で、発生したのはヤマトシロアリでどうやら浴室洗い場のクラックと判断しました。床下側からシロアリ調査を実施した結果、浴室に隣接する洗面の浴室側土台にシロアリ被害が確認されました。基礎面に蟻道の構築が確認されていないことから、浴室地中側から侵入し、浴室壁内等食害しながら活動しているものと考えられました。

調査時点で気付いたのは、被害土台で穿くった跡が確認されました。お施主さまに確認すると、先にあるシロアリ防除業者にシロアリ調査して貰ったとのことです。協会仕様書に基づいた薬剤大量散布のシロアリ防除に加え、床下の湿気が高いため床下に炭のマットを敷き込む見積書が提出されたとのこと。

高額な薬剤処理に加え、これまた高額な炭のマット敷き込むことに対して疑問を持たれたお施主さまが設計事務所の先生に相談されたのが経緯です。結論から言うと炭のマットなどの調湿材を敷き込む必要はありません。このシロアリ防除業者が指摘した、床下の湿気とシロアリの関係はありません。シロアリが侵入した要因は、浴室が在来工法で隙間が多いのが理由です。協会加盟の業者ですが、不必要なものを勧めるのはいかがなものでしょうか。

|

« 和室で発生したヤマトシロアリ羽アリ | トップページ | 過去にシロアリ防除処理が実施されていますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和室で発生したヤマトシロアリ羽アリ | トップページ | 過去にシロアリ防除処理が実施されていますが »