« ベタ基礎構造は定期点検調査が有効です | トップページ | 多数の虫孔 »

2022年5月19日 (木)

ウッドデッキのシロアリ被害

ウッドデッキのシロアリ被害 昨日はウッドデッキにシロアリ被害が確認されているとご相談をいただいた、設計事務所さんにお伺いしました。いつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、この設計事務所のウッドデッキに被害が確認されています。

ウッドデッキに取り付けられた壁の上部にまで蟻道が伸びており、地面からは2メートル近い高さまで登っています。ウッドデッキは地面に近く、床下にあたる部分は見ることができません。ウッドデッキの床束に蟻道を構築し、侵入しているものと考えられました。

対応するためにはウッドデッキを外す必要がありますが、木ねじで留められていますので対応できそうです。外すのは設計事務所のスタッフさんで対応していただけるようですが、恐らくコーススレッドですので頭をなめないように注意して抜く必要があります。

デッキを外すことができれば、後はコロニーの駆除を意識した処理を行えば十分です。ちなみに建物構造は逆ベタ基礎(土間床)構造ですので、基本的には対応は不要です。日常、被害の有無に注意を払えば問題ありません。積極的に対応するのではあれば、非破壊シロアリ探知機を用いて点検調査を行う方法があります。

|

« ベタ基礎構造は定期点検調査が有効です | トップページ | 多数の虫孔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベタ基礎構造は定期点検調査が有効です | トップページ | 多数の虫孔 »