« 土壌灌注処理 | トップページ | 2022年7月度ウェブサイト更新 »

2022年6月30日 (木)

職蟻も有翅虫も確認されません

職蟻も有翅虫も確認されません 右の写真は先日、イエシロアリ対策でお伺いした物件で撮影した1枚です。大阪府内のある倉庫兼事務所で、いつもお世話になっている害虫防除業者さんの案件です。ブリングシステムを用いて昨年から対策を実施しています。

昨年の羽アリ発生時に大量の市販殺虫スプレーを噴霧されたことから、敷地内でシロアリの姿は見えなくなりました。今年に入ってもブリングボックス内への侵入はないとともに、蟻道構築部でもシロアリの姿は確認されません。

昨年倉庫内で大量の羽アリが確認されたことから、ライトトラップを設置して確認を行いました。その結果、イエシロアリの羽アリが1匹だけで捕獲されたものとなりました。恐らく近隣では依然としてイエシロアリの被害は続いているのでしょうが、敷地内に生息が確認されていませんので今後はモニタリング回数を減らし侵入が確認された段階で再度システムを再稼働させたいと思います。

|

« 土壌灌注処理 | トップページ | 2022年7月度ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土壌灌注処理 | トップページ | 2022年7月度ウェブサイト更新 »