« 勉強会質疑 | トップページ | 生息地域 »

2023年11月28日 (火)

侵入防止処理

シロアリ侵入防止処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ対策でお伺いしました。リフォーム中の物件で、先日シロアリ駆除処理を先行して実施しています。今回は侵入防止処理でお伺いしました。

シロアリ侵入防止処理は、構造的にシロアリの侵入する可能性の高い場所に対して実施しました。現場監督さんからシロアリ駆除処理で使用した薬剤と、侵入防止処理で使用する薬剤が異なっていると指摘を受けました。

当社では、使用場面に応じて使用する薬剤を使い分けています。建物の構造や材料、薬剤の特性を考慮して使用しています。駆除場面ではその傾向が顕著で、使用濃度などは規定濃度では使用せず特性を生かせる濃度で使用します。これは自社での試験結果に基づいて実施しています。

薬剤の特性は規定濃度で発揮されるものではなく、5年間という保証期間を付与するために決められた濃度です。ですのでこの処理濃度は、薬剤の特性を最大限に発揮させることではないのです。

|

« 勉強会質疑 | トップページ | 生息地域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強会質疑 | トップページ | 生息地域 »