« 薬剤注入処理 | トップページ | 断熱材のシロアリ被害 »

2024年2月 5日 (月)

定期点検調査

床下定期点検調査 昨日は定期的に床下点検調査を実施している、兵庫県内の物件にお伺いしました。前回調査から3年が経過したことから、お施主さまからご依頼をいただきました。

この物件の床下構造はベタ基礎で、これまでにシロアリ被害、侵入及び生息はありません。今回の点検調査でもシロアリ被害、侵入及び生息は確認されませんでした。

元々ご相談いただいた経緯は、親族の方のお宅で羽アリが発生、シロアリ駆除予防処理が行われたそうです。それを聞かれたお施主さまが、見て貰おうと大手シロアリ防除業者にシロアリ調査を依頼されたそうです。

その結果ですが、シロアリ被害等はないものの保証期間が切れているので薬剤処理した方がよいとのこと。それに疑問を持たれたお施主さまがネットで検索、当社にお問い合わせがありました。

建物構造によっては必ずしも薬剤処理は必須ではないこと、薬剤処理の代替として定期的な床下点検調査が有効であること、定期的な点検調査はシロアリだけでなく水漏れなど床下の健康状態と確認できるなど説明して現在に至っています。今後も安心して貰えるよう、しっかりと点検調査したいと思います。

|

« 薬剤注入処理 | トップページ | 断熱材のシロアリ被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬剤注入処理 | トップページ | 断熱材のシロアリ被害 »