« ハンガーバー取り付け | トップページ | 案件過密 »

2024年2月20日 (火)

土間コンクリート

土間コン床下で確認された蟻道 一昨日ご紹介した事例は、浴室リフォームに実施したシロアリ対策の様子です。土間コンクリートを打設する前に、土壌灌注処理を行いました。

お施主さまからコンクリートなので、シロアリは侵入できないのではとご質問をいただきました。普段からタブレットにセミナー資料を入れていますので、その資料を使って説明させていただきました。

その一つが右の写真で、浴室床下の様子です。ユニットバスが設置されており、土間コンクリートが打設されています。しかし基礎のコーナー部分に蟻道の構築が確認されており、土台に到達して周辺木部に被害を与えています。

一体化されたベタ基礎では、理論的にはシロアリは侵入できません。しかし土間コンクリートは布基礎の内側に生コンクリートを流し込みます。コンクリートは化学反応で強固な構造を作るため、元々あった布基礎とは化学反応しません。あくまで物理的に接着しているため、収縮や振動などで隙間ができてしまうとシロアリの侵入経路となるのです。

ベタ基礎でも一体化されていない箇所から、シロアリが侵入した事例は多数あります。床下がコンクリートだからと過信するのは禁物ですが、だからといって薬剤処理一択ではありませんのでご注意ください。

|

« ハンガーバー取り付け | トップページ | 案件過密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンガーバー取り付け | トップページ | 案件過密 »