« 1桁からが長期戦 | トップページ | 新たな糞の堆積 »

2024年2月23日 (金)

外部侵入対策

小屋裏で確認されたアメリカカンザイシロアリ有翅虫死骸 昨日はアメリカカンザイシロアリ対策のため、広島県立の物件にお伺いしました。継続的に対策を実施している案件で、オーナーさまのご自宅及び貸家物件で2日間の予定です。

初日はオーナーさまのご自宅で、対策初年度から今年で15年目となります。初年度は室内側の数箇所で確認されたことから、薬剤注入処理を実施しました。数年間はこれを繰り返すことで、室内側の発生は収拾しました。

ポイントは小屋裏で、外部から飛来した羽アリは屋根周辺の隙間から小屋裏に侵入します。実際に小屋裏での木部には50箇所以上の糞の堆積が確認されました。それを一つずつ丁寧に処理することで、小屋裏での糞の堆積は確認されなくなりました。

それと同時に、小屋裏では外部侵入対策を実施しています。今回の点検調査でも、多くのアメリカカンザイシロアリ有翅虫(羽アリ)の死骸を確認しました。いずれも落翅前に致死しており、一定の効果が得られているものと考えられました。

当該物件では、侵入はおろか点検調査できない箇所があります。どうやらそこで繁殖している可能性があることから、次年度の課題となりました。

|

« 1桁からが長期戦 | トップページ | 新たな糞の堆積 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1桁からが長期戦 | トップページ | 新たな糞の堆積 »