« 排出されたアメリカカンザイシロアリ | トップページ | 部分予防 »

2024年2月17日 (土)

小屋裏

小屋裏で確認されたアメリカカンザイシロアリの糞 昨日ご紹介したアメリカカンザイシロアリの物件では、小屋裏の点検調査は必須です。アメリカカンザイシロアリが確認されている物件の多くは、その周辺が生息の集落となっています。そのため発生した羽アリが家屋内に侵入し、繁殖します。

その際、外部に面した木部である玄関枠や窓枠などで繁殖するケースが確認されており、糞の堆積もその周辺で確認されます。それ以外の侵入経路として、小屋裏が挙げられます。屋根周辺の通気口などから小屋裏に侵入して、繁殖する事例が多く見られます。

シロアリ防除業者の中にはアメリカカンザイシロアリ駆除に知識が欠乏しているケースがあり、そのようなシロアリ防除業者に駆除を依頼すると室内のみ処理を行いその他の箇所には目もくれません。

アメリカカンザイシロアリの生態を理解していれば、必ず小屋裏や天井裏の点検調査を行い必要な対策を講じるはずです。当社が冬場にアメリカカンザイシロアリ対策を実施するのは、小屋裏の点検調査及び対策を講じるためが理由となっています。真冬でも小屋裏は10℃以上になるため、作業を行うには冬場が最適なのです。

|

« 排出されたアメリカカンザイシロアリ | トップページ | 部分予防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 排出されたアメリカカンザイシロアリ | トップページ | 部分予防 »