« マニュアル処理の弊害 | トップページ | 品質 »

2024年2月28日 (水)

24年度ブリングセミナー聴講

24年度ブリングセミナー 昨日はイエシロアリ駆除用ベイトシステムを開発販売されている廣瀬産業さんの、ブリングセミナーを聴講しました。コロナ禍もあり、4年振りに開催されたことから聴講しました。イエシロアリ駆除用ベイトブリングシステムの現場での実例紹介のほか、イエシロアリの生態や知見、特に力を入れておられるYouTubeなどが紹介されました。

イエシロアリの生態を考慮して開発されたイエシロアリ駆除用ベイトシステムですが、やはり使い方がポイントです。どうすれば喫食が上がるかなど、使用上のポイントを現場での実例を交えて説明いただきました。

薬剤メーカーが行う商品紹介セミナーでは、セールスポイントの紹介が中心です。良いことばかり言われますが、欠点は紹介しません。欠点を言うと売れなくなってしまうことが理由でしょうが、小員が薬剤メーカー勤務時代は敢えて欠点を紹介していました。欠点をどのような使い方で対応するかをきちんと説明するのが小員のスタイルでした。廣瀬産業さんも同じ考えのところが共感できるところで、使い方のポイントを説明してくれるところが重要です。

シロアリに関するYouTubeへの取り組みも非常に評価のできるものです。教科書で得られる知識は必ず正しい訳ではなく、実際の目で見た事実を経験として捉え次のステージにフィードバックすることが重要です。そういう意味でも、映像として情報提供して貰えるのは非常に勉強になります。廣瀬産業さんのセミナーは、技術者として必要なスキルを磨くことができるため今後も参加させていただきたいと思います。

今回のセミナーではシロアリフォーラムメンバーである、オヤシロアリ技研の尾屋さんやヤマト白蟻研究所の波田さんとも会い情報交換できました。薬剤メーカーさんとも情報交換できたので、非常に有意義なセミナーでした。

|

« マニュアル処理の弊害 | トップページ | 品質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニュアル処理の弊害 | トップページ | 品質 »