« 蟻道の構築 | トップページ | 定期点検調査 »

2024年2月 4日 (日)

薬剤注入処理

薬剤注入処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。先月上旬にシロアリ調査を実施した案件で、リフォーム工事も進行中です。

シロアリ調査の結果、勝手口に隣接する土台で蟻道の構築が確認されました。この物件の床下の特徴としてゴキブリの死骸が多数確認されたことから、お施主さまのご希望もありシロアリ侵入防止処理を実施しました。

シロアリの侵入経路に対して薬剤処理を行うとともに、シロアリの被害が発生し易い箇所についても実施しました。またゴキブリに対する副次的効果を期待して、ゴキブリの潜伏し易い場所に処理を行いました。

シロアリにしてもゴキブリにしても、この薬剤の効果が高いという話しをよく聞きます。有効成分が殺虫剤である以上、体内に取り込まれると必ず効果を示します。そうなると薬剤の種類よりも、どこに処理することで、効果的に体内に取り込ませることができるかがポイントなのです。そのたには、対象害虫の生態を考慮することが重要です。

|

« 蟻道の構築 | トップページ | 定期点検調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蟻道の構築 | トップページ | 定期点検調査 »