« 羊毛 | トップページ | 小屋裏 »

2024年2月16日 (金)

排出されたアメリカカンザイシロアリ

排出されたアメリカカンザイシロアリ 昨日はアメリカカンザイシロアリ対策のため、兵庫県内の物件にお伺いしました。継続的に対策を実施している案件で、窓枠木部に糞の堆積が確認されたことからお伺いした次第です。

非破壊シロアリ探知機で活動状況を調査した結果、比較的活性の高い状態です。数種類の薬剤を用いて薬剤注入処理を実施しました。

被害部の一部が崩壊し、薬剤とともにアメリカカンザイシロアリが流出しました。それが右の写真です。活動範囲は比較的狭いものの、生息密度は高かったようです。そのため非破壊シロアリ探知機に高い活性状態が確認されたものと考えられました。

アメリカカンザイシロアリはイエシロアリやヤマトシロアリのように、木材でもやわらかい部分を重点的に食害する訳ではありません。食害部分に規則性がなく、縦横無尽に食害するのがアメリカカンザイシロアリの特徴です。

小さなコロニーが複数存在しますので、被害部から必ず繋がっている訳ではありません。それだけにピンポイントで的確に薬剤を当てていくことが必須なのです。

|

« 羊毛 | トップページ | 小屋裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羊毛 | トップページ | 小屋裏 »