« ドメイン管理事業の撤退 | トップページ | 前処理 »

2024年3月 3日 (日)

長期優良住宅

侵入リスクはここだけなのに 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、新築物件での防腐防蟻処理でお伺いさせていただきました。長期優良住宅認定制度に合致した処理を依頼いただいた次第です。

長期優良住宅認定制度では劣化対策として、数世代にわたって住宅の構造躯体が使用できることとされています。その認定基準のうち外壁軸組等については、外壁の軸組等の地面から1m以内に対する劣化対策措置が定められています。

土台については劣化対策措置が、浴室及び脱衣室については壁、床及び天井の劣化対策措置が定められています。地盤については、基礎内周部及び束石周囲の地盤の防蟻措置が定められています。その他、基礎や床下、小屋裏など細かく認定基準があります。

防腐防蟻剤を使用せずに等級3を確保するための方法も具体例で紹介されていますが、実現には難しいため薬剤処理が現実的となっています。

今回は協会仕様書をベースに、長期優良住宅の基準に合うような処理をさせていただきました。処理をしながら、こんな高濃度の薬剤を撒かなければいけないことに、罪悪感を感じました。ちなみに協会仕様書に基づけば保証期間は5年間ですので、5年後には薬剤処理が必須となります。

|

« ドメイン管理事業の撤退 | トップページ | 前処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドメイン管理事業の撤退 | トップページ | 前処理 »