2017年12月17日 (日)

ドライブレコーダー更新

ドライブレコーダー更新 約3年前にドライブレコーダーを取り付けましたが、内臓している電池が寿命らしく毎日日時設定が必要となり、今回更新しました。

雑誌で紹介されていた商品を3ヶ月前に注文したのですが、併せて注文した商品が中々入荷せず、やっと入荷したので取り付けた次第です。

ピラーを開け、ピラー内部に配線を通して取り付けを行いました。シンプルな操作で安価なものでしたが、雑誌で高評価であった通り機能性として満足できるものでした。

注文が早かったため入手できましたが、テレビのニュースで暴走する車のニュース以降品薄状態だそうです。ドライブレコーダを取り付けている車が増えましたが、ドライブレコーダーによって見られている意識が高くなり、安全運転がより広がることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、リフォームによって解体された浴室の様子です。

浴室窓枠を中心に被害が広がっています。在来工法の浴室を解体すると、高い確率でシロアリ被害が見つかります。シロアリの生息が確認される場合もあれば、確認されない場合もあります。

シロアリの生息が確認された場合、シロアリ対策を当然ながら施します。問題は生息していないから問題なしと判断し、何も対策を取らずにリフォームされる場合があります。シロアリはリフォーム時の振動等のストレスで地中に逃げる場合があり、それらが再侵入するケースがあるためシロアリ対策はできるだけ行うべきです。

だからと言って、床下全面に薬剤大量散布する必要はありません。シロアリ調査を行い、必要に応じて対策を取ればよいのです。シロアリ予防しないと、シロアリが侵入すると指摘される薬剤大量散布主義のシロアリ防除業者がいますが、定期的に点検して早期発見に努めれば問題ありません。浴室にシロアリ対策に間違いがなければ、きちんとコロニー(集団)を駆除できるはずです。再侵入するということは、駆除処理が適切でないということとなります。

当社では、薬剤の大量散布に頼らず、必要な場所にのみ対策をお薦めしています。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、大阪市内の物件で確認されたヤマトシロアリです。

この物件では本年5月に羽アリが発生し、お施主さまが市販の殺虫スプレーを噴霧したところ、羽アリの発生は収まったことから、シロアリは駆除できたと考えられていたようです。しかし、床上被害が広がる様子を見ておかしいと思われご相談頂き、シロアリ調査にお伺いした次第です。

シロアリ調査では、床下の広範囲にシロアリの生息と被害が確認されました。市販の殺虫スプレーで駆除したのは、羽アリの一部であり、シロアリのコロニー(巣系集団)は全く駆除できていませんでした。今回の事例ではシロアリ調査の結果から、シロアリのコロニーは地中にあると判断されました。

床下で確認されるシロアリのコロニーはその殆どが複数あるケースが多く、シロアリ駆除を実施する場合、そのコロニーを一つづつ確実に駆除する必要があります。シロアリのコロニーを駆除するために、大量の薬剤は不要です。シロアリ駆除するためには、徹底したシロアリ調査、シロアリ生態に対する知識、建物の構造に対する知識、薬剤に対する知識であり、それら知識を上手く活用することでシロア駆除が可能です。

薬剤の大量散布にはこれら知識が不要で、必要なのはマニュアルとなっています。これでは無駄な薬剤ばかり使用し、費用も高額となるだけでなく、お住いの方の薬剤曝露リスクを向上させるだけにし過ぎません。

当社では、シロアリ調査によって侵入経路や活動範囲の把握を行い、生態、構造、建物構造等から最適なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、神戸市内の物件で確認されたヤマトシロアリです。

この物件では、フローリングにシロアリ被害が確認されたことから、被害部分の撤去が行われ、フローリングにシロアリ被害と生息が確認されました。フローリングと接する構造用合板には僅かな被害が確認された程度で、ヤマトシロアリの生態を如実に表しています。

この物件は布基礎+土間コンクリートで、床下の殆どない転ばし床構造です。フローリングも乾燥していれば、床下も乾燥状態にありますので、乾燥がシロアリ対策にならないことを表しています。シロアリは蟻道を構築し、水分を上手く運んで活用しますので、乾燥していても関係ない生息し、被害を与えるのです。

シロアリ対策の基本は、シロアリ駆除です。シロアリ駆除に必要なのは、徹底したシロアリ調査、シロアリ生態に対する知識、建物の構造に対する知識、薬剤に対する知識であり、それら知識を上手く活用することでシロア駆除が可能です。薬剤の大量散布にはこれら知識が不要で、必要なのはマニュアルとなっています。これでは無駄な薬剤ばかり使用し、費用も高額となるだけでなく、お住いの方の薬剤曝露リスクを向上させるだけにし過ぎません。

当社では、シロアリ調査によって侵入経路や活動範囲の把握を行い、生態、構造、建物構造等から最適なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、大阪市内の物件で確認されたヤマトシロアリです。

この物件では、ヤマトシロアリの羽アリの発生があった物件です。大手シロアリ防除業者によって床下調査が行われましたが、床下には全くシロアリ被害、侵入及び生息は確認されなかったとのことです。結局この大手シロアリ防除業者は、羽アリの外部侵入と判断されました。それでも、安心のため床下への薬剤散布を勧めてきたのです。

これはシロアリ調査がまともにできていない証拠で、シロアリの侵入経路や活動範囲の把握などの基本動作を知らない証拠です。残念ながら一部のシロアリ防除業者のシロアリ調査は、薬剤を撒くための理由を探すための調査であり、シロアリを探す調査ではないのです。同じシロアリ防除業者として恥ずかしいとしか言いようがありません。

この事例では、天井裏にしかシロアリは生息していません。きちんと駆除処理を行い、生息の要因となった雨漏れ対策を行えば問題ありません。ましてやシロアリ被害、侵入及び生息のない床下には薬剤を撒く必要はありません。シロアリに不安を覚えるのであれば、定期的な点検調査を行い、早期発見に努めれば問題ないのです。

当社では、シロアリ調査によって侵入経路や活動範囲の把握を行い、最適なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

定期健康診断

定期健康診断 夏の甲子園、高校野球選手権が始まり、甲子園からすぐの弊社周辺の道路では他府県ナンバーが転回禁止の交差点でUターンしたり、一方通行を逆行したりといつも以上に安全運転を心掛けなければいけません。

それと同時に盆休みも分散化傾向にあり、高速道路や一般道などもいつも以上に混雑し始めています。そうなると遠方での仕事は避けることから、毎年この期間中に定期健康診断を受診します。定期健康診断は、加盟している阪神土建労働組合の斡旋で東神戸病院を受診しました。

健康診断の目的は、病気の早期発見、早期治療だけでなく、検査結果から身体の発する危険信号を察知することで生活習慣の改善を促し、病気を予防するものです。病気になる前から、薬を飲むのはナンセンスです。

シロアリが侵入する家屋も同様で、健康な床下に薬剤は過剰です。それよりも、シロアリ予防のためには点検調査が重要です。そのため当社では、薬剤大量散布によるシロアリ予防よりも、定期点検調査による管理をお薦めしています。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

ウェブサイト更新

阪神ターマイトラボトップページ画像 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、大阪府内の物件で確認されたヤマトシロアリです。

阪神間でのヤマトシロアリの羽アリは、4月中旬から5月中旬にかけて発生します。羽アリが発生した物件では、とりあえず羽アリの発生した箇所に、市販の殺虫スプレーを処理されます。すると羽アリが止まったように思われますが、殺虫スプレーを処理しなくても数日で収まります。

シロアリのコロニー(巣系集団)は羽アリの発生した箇所からやや遠い位置にあります。そのため、殺虫スプレーではコロニーまで届かず駆除することはできません。羽アリがでなくなって安心したと思っている間に、シロアリは大切な家屋を食べます。きちんと専門家に見て貰う、即ちシロアリ調査が重要なのです。

当社では必要最小限の薬剤量でシロアリ駆除することで、安全性を確保します。一般的なシロアリ駆除予防処理は、高濃度殺虫剤の大量散布です。このような処理をご希望の方は、他のシロアリ防除業者にお問い合わせ下さい。当社では、安全と環境に配慮してシロアリ駆除、予防、対策を行います。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

ウェブサイト更新

Top201707 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、神戸市内の物件で確認されたアメリカカンザイシロアリの有翅虫(羽アリ)です。

アメリカカンザイシロアリは海外から侵入した外来種で、まだまだ生息密度の薄いシロアリですが、全国の広範囲に生息しています。多くは6~9月の日中に羽アリの発生が確認されますが、実際の現場では季節に関係なく発生しています。

家屋内では小規模なコロニー(集団)を形成しますが、問題なのはそのコロニーが非常に多いこと、どこのそのコロニーがあるか非常にわかりにくいことがアメリカカンザイシロアリの駆除が難しい所以です。アメリカカンザイシロアリの生態と、経験と集中力を持って調査を行い、コロニーの位置を一つ一つ見つけ、最適な方法で対処することが重要です。

ちなみにこの地域では、アメリカカンザイシロアリの羽アリは5月中旬に発生します。あるシロアリ防除業者に見てもらったところ、これはヤマトシロアリの羽アリですと回答し、シロアリに対する知識不足を露呈する有り様でした。またあるシロアリ防除業者では、アメリカカンザイシロアリの駆除はしていませんと、無責任な回答をするケースもありました。

アメリカカンザイシロアリは、被害は小規模で進行も遅いので恐れるシロアリではありません。きちんと対峙すれば、生息密度を下げることのできるシロアリです。アメリカカンザイシロアリ対策は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考の上、お問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

ウェブサイト更新

Top201706 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、大阪市内の物件で確認されたイエシロアリです。

イエシロアリは温暖な海岸線沿いに生息し、気温の下がる地域では生息できないとされています。大阪市内から神戸市内にかけての沿岸部には普通に生息していますが、決して沿岸部だけではなく、内陸部はおろか宝塚市や西宮市などの山中にも生息しています。冬場には相当気温も下がりますので、イエシロアリは想像以上に温度適応能力があると見るべきでしょう。

シロアリ防除業者の中には、イエシロアリを判別できない業者がおり、それがまた老舗業者なのに驚きを感じます。イエシロアリを理解していない防除業者に依頼すると、仕様書に準じて施工されます。所謂、高濃度殺虫剤大量散布ですが、イエシロアリの巣系にきっちりと処理できなければ、意図も簡単に再発します。イエシロアリとヤマトシロアリは同じ種類のシロアリですが、生態が異なると言っても過言ではありません。

当社のイエシロアリ対策は、徹底した調査により巣系ネットワークを明確にし、イエシロアリの生態に合わせて駆除処理を行います。駆除が完了したことを確認した上で、侵入防止処理を施します。イエシロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ウェブサイト更新

Top201705 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、先月に引き続きヤマトシロアリの羽アリの画像です。

阪神間では4月の中旬過ぎからヤマトシロアリの羽アリの群飛が始まりました。群飛は殆どの場合、2~3日で終わります。羽アリが発生した場合、殆どの方が市販の殺虫スプレーをかけます。羽アリはすぐに死んでしまうため、羽アリの発生は収まったと判断してしまいます。

羽アリはシロアリの集団(コロニー)の中の一部にしか過ぎず、羽アリがでなくなっても木材中にはシロアリの職蟻が潜み、木材に被害を与えています。そのまま放置すると、被害はどんどん大きくなっていきます。だからきちんとしたシロアリ調査を行い、必要なシロアリ駆除を行うのです。

一般的に行われているシロアリ駆除は、予防処理と合わせて高濃度殺虫剤の大量散布が行われます。この方法では、お住まいの方の薬剤曝露リスクが向上するため、お薦めできる方法ではありません。徹底したシロアリ調査を行い、生息範囲と侵入経路を精査できれば、最小限の薬剤量で駆除することが可能です。しかし、これには技術を知識を要し、どのシロアリ防除業者にできる訳ではありません。

当社では必要最小限の薬剤量でのシロアリ対策を推奨し、お住まいの方安全性に配慮しています。お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧