2020年4月 9日 (木)

厄介な侵入経路

侵入経路に届けるための薬剤処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、シロアリ駆除処理のため兵庫県内の物件にお伺いしました。昨年末、キッチン窓枠にできた僅かな蟻道に気がつかれたハウスビルダーさんから相談をいただき、シロアリ調査にお伺いしています。

その調査結果ですが、基礎の表面に蟻道をつくって侵入する単純なものではありませんでした。その厄介な侵入経路と原因は、コンクリートブロックを使った基礎で、コンクリートブロックの接合部が侵入経路となった事例です。

写真は、蟻道が確認された部位からの薬剤注入処理の様子です。これら以外にも、コンクリートブロックの接合部に薬剤が入り込むような箇所から薬剤注入処理を行っています。

今回の事例のようの厄介な侵入経路に対しては、多方面から注入できるよう工夫が必要です。ちなみにコンクリートブロックの基礎表面に大量の薬剤を撒いても、ほぼ効果が期待できませんのでご注意ください。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

そこに住み着く理由

高湿度状態にある炭マット裏 先日定期点検調査した物件では、床下に調湿を目的とした炭のマットが敷き込まれていました。このような物件の床下点検調査を行う際、注意が必要です。その理由は、マットの下にムカデが生息しているためです。

ムカデは外敵から身を守るため、石の下などに生息しています。炭のマットも構造的に、ムカデからしてみると石と同じです。しかも炭のマットは表面が不織布、裏面が防湿シートになっています。そのため裏面は土壌中の水分によって、結露状態となります。この湿度が、ムカデにとって生息するのに必要な水分の供給源となります。

炭のマットをめくってみると、高湿度状態の地面が現れます。ムカデが生息している場合には、土壌表面にムカデの足跡が確認されるケースも多々あります。炭のマットを敷き込むことで、シロアリなどの害虫予防になるとPRされているケースがありますが、炭のマット表面に蟻道を形成するケースもあります。床下の湿気をある程度コントロールしてくれる場合もありますが、過度な効果は期待しない方が良いと思います。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

被害部注入処理

被害部注入処理昨日ご紹介した物件では、リフォームによって床下点検口がありませんでした。そこで今回床下点検口を新設いただいたことから、施工前に点検調査を実施しました。

床上からの点検調査結果で、浴室入口枠付近にシロアリ被害が確認されています。床下側からの点検調査でもシロアリ被害が確認されました。ちなみに昨日ご紹介したキッチン側のシロアリとはかなりの距離があり、コロニーは異なるものと判断されました。

なお当該箇所も、床下側から薬剤注入処理を実施しています。かなりの水漏れ跡が確認されていますので、浴室側のクラックの止水をお願いしました。水漏れがあると、シロアリを呼び込み易いので注意が必要です。

家屋内でシロアリ被害が見つかった場合、巣は一つと限りません。ヤマトシロアリでは、巣の分離融合を繰り返すことができるため、シロアリ駆除にミスがあるとシロアリの巣が分離され、生き延びることができま、この場合翌年或いは翌々年に羽アリが発生します。シロアリ駆除には、コロニーを意識した処理が必要です。マニュアルに準じた処理では、本当のシロアリ駆除ではありませんのでご注意ください。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

生息想定箇所薬剤処理

生息想定箇所薬剤処理 昨日はいつもお世話になっている設計事務所の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ駆除処理でお伺いしました。

この物件では、昨年の5月上旬にキッチンの窓枠付近から羽アリが発生しました。シロアリ調査を実施した際、当該キッチンは床下ではなく地下室がありました。地下室側から点検調査の結果、土台にあたる部分で雨漏れ跡が確認されており、地下側からの侵入はありませんので、壁内営巣と考えました。

処理はこの壁内営巣想定箇所に薬剤処理するとともに、想定活動範囲にも行いました。写真はその一つで、窓枠の螺子穴から処理を行っています。窓枠内部には隙間が多く存在し、シロアリはその隙間で活動します。その活動する箇所に薬剤を置くことがポイントとなります。

ちなみにこの物件では、複数のコロニーが確認されています。またの機会でご紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

土壌灌注処理

土壌灌注処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ対策でお伺いしました。リフォーム中の物件で、在来工法の浴室の撤去が終わったことから、薬剤処理を行いました。

この物件ではリフォーム前にシロアリ調査を実施しており、浴室入口枠でシロアリ被害が確認されました。ハウスビルダーさんによると、浴室解体時に壁内のバラ板や土台などでシロアリが確認されたとのことです。解体を行うとシロアリの姿はすぐに見えなくなりますが、これは地中の巣系に戻っただけにしか過ぎません。地中ではシロアリが活動しており、再侵入の機会を伺っています。シロアリが生息していないと何も対策を実施しなかった結果、数年後にシロアリが甚大化する事例を多く見てきました。だから、リフォーム時にはきちんとしたシロアリ対策が必須なのです。

今回の処理は、土壌中に薬剤処理を行う土壌灌注処理を実施しています。浴室基礎内側はこの後土間コンクリートが打設されるため、薬剤の効果を最大限に発揮させるため、灌注処理を選択しました。シロアリ対策は薬剤を撒くことではなく、建物の構造に対して臨機応変に対応することが重要なのです。

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

新築防蟻処理

砕石地業時薬剤処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、新築中の大阪府内の物件にお伺いしました。

このハウスビルダーさんとはどのようなシロアリ対策を希望されているか、建物の構造などから対策を絞り込んでいます。具体的には、砕石地業と捨コン打設までの間で薬剤処理を実施しました。当該敷地地中に生息するシロアリは、家屋完成前後から捨コン下の砕石地業した箇所へ侵入します。この部分に薬剤処理するのが、シロアリのコロニーを駆除するのには最も効果的です。

だからと言って薬剤を大量散布するのは無駄で、シロアリのコロニーを駆除する必要量を効果的な箇所に処理すればよいのです。捨コン下に薬剤処理を行いますので、お住いの方への薬剤曝露リスクは限りなくありません。マニュアルがどうだとか、保証がどうだとかは意味がなく、シロアリの生態を考慮し、薬剤の特性を生かした処理を行えばきちんとした対処ができます。それでも保証が欲しいのであれば、定期的に点検調査し早期発見に努めればよいのです。

人間の体もその通りで、病気になる前にから薬を飲むのはナンセンスです。薬を飲むことで、肝臓などに臓器に負担をかけるのです。それよりも重要なのは健康であるために、健康診断を受診することです。早期発見することで、早期に疾病と対応できるのです。家屋も同じで、健康状態が良好な家屋に無駄な薬を与えるのはいかがなものでしょうか。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

建物外周調査

建物外周調査 昨日ご紹介した物件では、床下側の点検調査以外に点検調査を実施しています。玄関周辺の壁内については床下側から点検調査ができないため、非破壊シロアリ探知機を用いた点検調査を実施しました。床下側からの点検調査で玄関周辺に蟻道跡を確認、未生息でしたが非破壊シロアリ探知機を用いた点検調査でも未生息を確認しています。

それら以外にも、屋外外周部についても点検調査を実施しています。外周部では放置された竹箒があり、シロアリ被害が確認されました。地面に放置された木材は、シロアリからすると地中から安全に木材へ到達できる状態にあります。シロアリが侵入するのが当然ですから、外周部に木材を放置するのは、建物にシロアリを近づける原因です。木材を放置しないことが、原則となります。

シロアリ調査は、薬剤を撒く理由を見つけるものではありません。より効果的でコストパフォーマンスが高いシロアリ対策を立案するためのものなのです。シロアリ被害がないのに、薬剤処理を薦めるシロアリ防除業者は設け主義の業者なのでご注意ください。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ベタ基礎床下で確認された蟻道跡

ベタ基礎床下で確認された蟻道跡

昨日は取り引きのあるハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。昨年、シロアリ対策を実施した物件のお施主さまの知人宅です。知人の方のシロアリ対策のお話しを聞き、新築以降一度もシロアリ対策を実施したことがないことから、シロアリ調査の依頼をいただきました。

物件は築後20年以上経過し、床下構造はベタ基礎構造ですが換気はネコ土台ではなく、床下換気口となっています。点検調査結果ですが、写真の部位でコーナー部分に蟻道の構築が確認されましたが、一部が崩壊しており既に放棄されたものと考えられました。その要因として、土台に加圧注入処理木材が使用されており、これを齧ったシロアリが忌避したものと考えられました。

当該事例では現時点でシロアリの侵入はありませんので、高額な薬剤処理の必要はありません。定期的に点検調査を行い、早期発見に努めることが安価で効果的な対策です。当社ではシロアリ被害や生息の確認されていない物件では、定期的な点検調査をお薦めしています。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

活性向上

活性が向上してきたヤマトシロアリ 右の写真は、昨日ご紹介した現場で撮影したシロアリです。蟻道を壊した際に確認された、活動中のヤマトシロアリです。

先月までは活性が鈍いため壊した場所でほとんど動かない状態でしたが、壊すと一斉に逃亡する様子が確認されました。季節の進行とともに、シロアリの活性も上がってきたようです。条件の揃った場合には、来月の中旬には羽アリの発生が確認されます。今年の暖冬からすると、4月上旬には羽アリが発生する可能性も考えられます。

シロアリのコロニー内では、羽アリ発生のための準備が着々と進められています。羽アリ発生は巣別れ行動の一つですが、コロニーの一部にしか過ぎません。羽アリが発生した場合、コロニーが近辺にあることを示しています。このサインを見逃すと、シロアリ被害が拡大しますのでご注意ください。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

被害部注入処理

被害部注入処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ駆除対策でお伺いしました。昨年の晩秋にシロアリ調査を実施した物件で、比較的築年数の経過した案件です。

シロアリ調査を実施した結果、被害は離れに集中しており、母屋では被害が確認されませんでした。築年数を考慮すると、母屋は有機塩素系薬剤で処理されたものと考えられることから、シロアリが侵入していないものと考えられました。一方、離れは今もまだなお有機リン系薬剤が残っている状態ですが、シロアリの侵入を阻止できるほど濃度は残っていないため、シロアリが侵入したものと考えられました。

シロアリ駆除処理では、被害部から薬剤注入処理を実施しました。シロアリの活動期に入りましたので、生態を生かせるよう薬剤の種類、濃度及び処理量を最適化した上で処理を行いました。シロアリ調査時、お施主さまはすぐに駆除処理を行うものとお考えのようでしたが、小員の説明にご納得いただきました。シロアリ駆除は、時期によって薬剤の種類も異なれば、処理量や処理濃度も異なります。同じ濃度で処理するのはマニュアル処理で、シロアリの生態は考慮されていないので注意が必要です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧