2017年10月20日 (金)

トイレの壁面

発生は在来種のヒラタキクイムシでした 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。トイレの壁面から小さな穴があき、木粉が堆積しているとのことから、ヒラタキクイムシではないかと相談を頂き、現地調査でお伺いしました。

早速現場を確認すると、十数箇所の穴が確認されました。穴の中から虫体死骸を採取し、同定した結果、在来種のヒラタキクイムシでした。

このトイレは約5年前にリフォームしたとのことです。お施主さまやハウスビルダーさんは、ヒラタキクイムシ被害は新築やリフォーム後の数年以内に発生するものと考えられていたようです。

ヒラタキクイムシの被害速度は、食害を受けている木材によって異なります。でんぷん質の多い木材であれば早く、少なければ遅くなります。また、壁面の被害も表側だけに発生する訳ではなく、壁内側でも発生するのです。見える範囲だけを被害と考えることほど危険なのです。

ヒラタキクイムシ対策は、現地調査によって種の同定を実施した上で被害範囲を調査し、最適な対策を立案します。現地調査は有料となっておりますので、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問合せ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

被害が甚大となる竹製品

被害が甚大となる竹製品 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。昨年から対策を実施している、アフリカヒラタキクイムシの発生が確認されている物件です。

この物件では、昨年の春に木粉の堆積が確認されました。具体的対策を始めたのが初夏で、以降コンスタントに木粉の堆積が確認されています。今年は春先からコンスタントに木粉の堆積が確認されていましたが、初夏にはあまり発生がなく、晩夏から再び木粉の堆積が確認されています。

今回は、ロフトに置かれていた竹でできた籠付近で木粉の堆積が確認されました。春には木粉の堆積が確認されていなかったことから、秋に入り堆積したものと考えられました。竹はでんぷん質が多く、ヒラタキクイムシ類は好んで産卵します。食害も激しいため、木粉の堆積量も多くなるため、被害を見たお施主さまがびっくりして驚かれることが多いようです。竹製の籠はよく繁殖するため、被害を見つけたら速やかに廃棄又は焼却処分する必要があります。ヒラタキクイムシ類は家具にも注意が必要で、多くは広葉樹系木材が使用されています。特に桐の箪笥やすのこなどは被害が甚大となるため、注意が必要です。

今回確認されているようなアフリカヒラタキクイムシは食害速度が、速く繁殖力も大きいので初期対応が重要となります。アフリカヒラタキクイムシは在来種と生態が異なりますので、まず同定が必須です。その後は、被害状況や生息状況から具体的対策を立案します。ヒラタキクイムシ類の同定、現地調査は有料となります。お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

10年以上経過していますが

10年以上経過しているヒラタキクイムシ被害 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。洗面の壁面に小さな穴が確認され、粉の堆積と茶色い小さな昆虫の徘徊が確認されているとのことです。

早速現場で状況を確認すると、壁面に十数箇所の穴が確認されました。お施主さまが虫体死骸を採取頂いていたので同定した結果、在来種のヒラタキクイムシでした。

ちなみにこの壁は10年以上前にリフォームを行っているとのこと。よく年数の経過した木材は、ヒラタキクイムシの餌であるでんぷん質が変質するため、被害を受けないとされています。しかしながら、10年以上経過した木材でも実際の現場で被害が確認できるため、でんぷん質の変質はあまり信用しないほうがよいと思います。

いずれにしても対策は必要なため、どのような対策が有効かお施主さまとハウスビルダーさんに説明させて頂きました。ヒラタキクイムシ対策は、ネットで書かれている対策では逆効果の場合があるため注意が必要です。当社では、ヒラタキクイムシ駆除のご相談を承っておりますが、現地調査の実施が必須です。なお、現地調査は有料となっておりますので、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照のうえ、お問合せ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

床下点検調査

床下で確認された巣穴 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。洗面から羽アリが発生したので、調査のためお伺いしました。

この時期に発生する羽アリと言えば、クロアリの仲間であるサクラアリです。早速現場で調査を行うと、床下土壌表面にアリの巣穴が複数箇所で確認されました。

サクラアリは石下などの地中に営巣しますが、比較的乾燥した場所を好みます。この床下は床下換気口がしっかり取られており、換気十分であることから適度に乾燥状態にあります。結果的に床下土壌に営巣した結果、今回羽アリが室内で確認されたようです。

基本的に人へ危害を与えるアリではありませんが、不快感を強く覚える場合は駆除の対象となります。最終的にはお施主さまとハウスビルダーさんの協議で、対処するか否かを決めて頂くこととなりました。駆除する場合には、必要最小限の薬剤量で対処する旨のお話しをさせて頂きました。クロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

サクラアリ羽アリの季節

サクラアリの羽アリ 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。掃き出し窓付近から大量に羽アリが発生したとのことから、調査のためお伺いしました。

発生したのは、この時期非常に多くのお問合せを頂くサクラアリの羽アリです。初夏にも小さな羽アリが発生しますが、こちらの多くはトビイロケアリです。小さな羽アリということでサクラアリで問い合わせを頂きますが、サクラアリの羽アリは10月から12月にかけて発生するのでご注意下さい。

サクラアリは土中に営巣する種類ですので、室内で羽アリが大量に確認される場合、床下土壌中で営巣しているケースが多くなっています。室内でサクラアリが徘徊していると、市販の毒餌剤が有効な場合もあります。しかし、毒餌剤が効かなくお問合せを頂くケースもあります。

昨年あった事例ですが、害虫駆除業者さんからサクラアリの駆除についてお問合せを頂きました。メーカーさんから業者向けとして販売されている薬剤で、誘引剤が配合されているのに全く効かないので使用している薬剤を紹介して欲しいとのことでした。業者向けの薬剤はいずれも効果が高く、使い方を工夫すれば必ず効きます。対象となるアリの生態を考慮して、どのように薬剤を使い処理するかがポイントです。薬剤を撒けば効くという単純な発想では、プロの仕事とは言えません。

当社では、対象となるアリの生態を考慮し、対策を立案し、駆除します。当社ではサクラアリなどのクロアリ調査、駆除、対策を実施しています。お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

イタチが出たその後で

天井裏殺菌殺虫処理 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。

この物件では、天井裏にイタチが住み着いていたようです。ハウスビルダーさんからどのように対処すればよいか相談を頂き、具体的対策について説明、ハウスビルダーさんによって対策が実施されました。モニタリングからイタチの追い出しが確認されたことから、侵入経路の閉塞を行いました。

またイタチは菌類や吸血昆虫類などが確認されていますので、天井裏での殺菌殺虫を行いました。

当社ではイタチ対策を実施していますが、原則として当社より10km圏内となっておりますことをご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

粘着式ローラー

ダニ類生息状況調査 昨日は継続的に対応している兵庫県内の宿泊・レクレーション施設にお伺いしました。この施設では基本的にIPMで管理を行っています。

IPM管理では6ヶ月以内ごとに1回、定期に統一的に調査を実施し、当該調査の結果に基づき発生を防止するため必要な措置を講ずることとなっており、発生のし易い場所では2ヶ月に1回、その生息状況等を調査し、必要に応じ、発生を防止するための措置を講ずることとなっています。この施設では、メインとなる害虫はゴキブリですが、クライアントの要望からダニの調査を行っています。

本格的なダニの調査を行う場合、電気掃除機に調査用集塵袋を取り付け採塵し、その塵中のダニを調べます。しかしこの方法では時間と労力を要するため、粘着式ローラーで採取し、顕微鏡による調査を採用しています。

この調査で多く採取されるコナダニ類やヒョウヒダニ類は、体長が小さく透明なので見難いのですが、刺咬性のダニを対象とした調査ですので実体顕微鏡クラスで対応は可能です。きちんと生息状況を調査した上で対策を立てる必要があり、これもIPMの一つです。

当社では害虫対策をIPMの手法で害虫対策を行っておりますので、詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

浴室で発生した羽アリ

浴室で発生した羽アリ 右の写真は、先日浴室から羽アリが発生したとご連絡を頂いた物件から採取した羽アリです。この物件は、10年以上前にシロアリ駆除処理を実施した物件で、その後定期的な点検調査を実施しています。

この物件では初夏にも浴室で羽アリが発生し、調査にお伺いしています。その際発生した羽アリは、トビイロケアリの羽アリで駆除処理を実施しています。

今回発生した羽アリを同定した結果、オオハリアリの羽アリでした。肉食性の本種は、シロアリの天敵として知られている種です。名前の通り腹部に針を持ち、毒針であるため刺されると痛い種類です。

浴室内で徘徊している可能性も考えられるため、出入りしている付近をご確認頂くようお願いをしました。活動範囲を把握した上で処理範囲を確認するのが目的です。

クロアリも問題となる種が多いため、防除対象となるケースが多くなっています。シロアリ対策と同様に、必要最小限の薬剤量で行います。クロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

しつこく続く被害

しつこく続く被害 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。昨年から、在来種のヒラタキクイムシ対策を実施している物件です。7月に全く別の場所で成虫脱出孔と木粉の堆積が確認されたのですが、今回も新しく成虫脱出孔と木粉の堆積が確認されたとのことから、お伺いした次第です。

今回確認された成虫脱出孔は、昨年発生の確認されたフローリングですが、これまでの成虫脱出孔と離れた箇所での発生です。

お施主さまは木粉の堆積が気になるため、成虫脱出孔にセロハンテープを貼り付けられたそうですが、セロハンテープに孔をあけられたとのことです。残念ながらセロハンテープ程度であれば、ヒラタキクイムシ成虫は十分穿孔可能です。ヒラタキクイムシに対しては、より効果的な対策を実施する必要があります。

ヒラタキクイムシ類の駆除について、安易に紹介されているウェブサイトやホームページがあります。あまりにも無責任で、年月が経過するほど被害が甚大となるケースが多いのです。ヒラタキクイムシの種類が違えば駆除方法も異なりますし、建築材料や発生木材の種類によっても駆除方法は異なるのです。

ヒラタキクイムシの再発を防ぐ方法は、現状ありません。どこまで駆除を完璧にできるかがポイントなのです。当社では、ヒラタキクイムシ駆除のご相談を承っておりますが、現地調査の実施が必須です。なお、現地調査は有料となっておりますので、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照のうえ、お問合せ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

発生源対策

発生源対策 昨日は蚊の対策で兵庫県内の物件にお伺いしました。昨年実施した対策が好評で、今年も継続して対策を実施しているマンションです。

蚊の対策で重要なのは、幼虫の生息域対策です。水たまりがあると、蚊の成虫が産卵し、ボウフラが湧きます。水たまりのある場所を調査し、薬剤処理することが重要です。

この物件では、立体駐車場内には排水ピットと地下防火水槽、敷地内には多くの雨水桝や排水桝があり、これらが処理ポイントとなります。毎月薬剤処理を実施しており、蚊の活性が非常に高くなる時期であり効果の持続性が心配でしたが、今回処理中には咬まれませんでした。当社事務所にある駐車場では周辺に発生源があり、先日はわずか1分程で5箇所も咬まれました。きちんとした対策を実施すれば、問題のないレベルに発生を抑えることができるのです。

蚊対策では幼虫生息域対策を行うことで、成虫の発生源対策にもなるのです。蚊対策は一度の処理で完了する訳ではなく、定期的な対策が必要です。モニタリングや聞き取り調査で、今後の発生状況に合わせて処理を行う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧