2017年10月31日 (火)

セミナー聴講

セミナー聴講 昨日はいつもお世話になっている、防虫コンサルティング商社環境機器さんのセミナーを聴講しました。

今回の聴講の目的は、カビの世界では著名な高鳥先生の『カビを知って→カビ対策』です。昔、セミナーや学会でお話しを聞いたことがあり、期待して聴講しました。但し今回の内容は、初心者向けでやや残念ではありましたが、基礎の復習となりあらためて勉強する必要を感じました。

その他の内容で気になったのは、各社薬剤メーカーさんによる薬剤の紹介です。良い面をアピールするのは当然でしょうが、悪い面を紹介するメーカーが1社しかなく、残念としかいいようがありません。欠点を紹介されたメーカーさんは、その欠点をどう補うかを説明されていたのは評価に値します。あと多くのメーカーさんが薬剤伝搬性をPRされていましたが、薬剤は勝手に伝搬しません。伝搬させるのはシロアリであり、処理方法を間違えると伝搬しなくなるのです。それをきちんと説明しないのは、わざとなのか知識がないのかわかりませんが、残念でなりません。もう少し正直に、正しい内容を説明して欲しいものです。

このようなセミナーでは自分で仕入れることができない情報や、仕事のヒントが転がっています。これからもできるでけこうしたセミナーを受講していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

住宅医スクール2017大阪

住宅医スクール2017大阪 昨日は一般社団法人住宅医協会主催の住宅医スクール2017大阪の講義で講師を務めさせて頂きました。

ご依頼頂いた講義内容は『防蟻対策の実務-シロアリ駆除と予防法の実例』です。聴講される方は、建築士の先生や工務店さんなど現場でシロアリを見る機会のある方々です。そのため、シロアリの生態についてはいろいろと勉強されておられるようですが、実際の現場でシロアリがどのように動くのかなど、現場ベースでのシロアリ生態の話しをさせて頂きました。

また、シロアリ被害現場写真をメインに、シロアリ防除がどのように行われるのかをご紹介しました。シロアリ駆除については、一般的に行われている薬剤大量散布による駆除と予防の同時施工と、シロアリフォーラムメンバーらが行っているピンスポットでの駆除をご紹介させて頂きました。

これまで聞いてきたシロアリの生態など、実際の現場では全く異なっていることなど説明が広範囲となり、結果的に1時間半の講義の中で説明できませんでした。しかも、質疑応答の時間が取れなかったことなど、次回以降の課題にしたいと思います。

毎年聴講頂く方は変わりますが、いつも皆さん熱心に聴講頂いています。講義する側としては、こんなに嬉しいこうとありません。今後も更に精進し、中身のある講義にしていきたいと思います。当社では、シロアリに関するセミナーを行っておりますので、お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

更新講習

公益社団法人日本しろあり対策協会のしろあり防除施工士更新講習 昨日は、公益社団法人日本しろあり対策協会のしろあり防除施工士更新講習に参加しました。

しろあり防除施工士と言うと専門的な資格のように聞こえますが、高額な指定講習を受ければ簡単に取る事ができる資格です。ちなみにこの資格は3年に一度、高額な更新講習を受講しなければ更新できないのです。

今回は広島大の森先生による、熊本地震と蟻害腐朽との関連など有用な講義もありました。但し、残念ながら薬剤に関する資料などは、安全である旨の説明はあるものの、薬剤が持つリスクの説明が全くありません。未だにアルカリ水溶液に有効成分を入れて安定しているので、コンクリートでは分解されないと言われています。分解されないのと、効果が低下するものは別物かもしれませんが、一部の薬剤でコンクリートの上に処理することにより効力が低下する事実はあるのです。薬剤メーカーの話しを鵜呑みにされているとしか思えてならず、現場とのギャップを感じました。

安全管理に関する話しなどは、お粗末としかいいようがありません。最低でも居住者さまの中毒事例、河川流出による魚類致死事例、井戸水混入による回復に要した金額の事例など事故事例を紹介し、啓蒙していくことが重要ではないでしょうか。

公益社団法人となり社会的信用も上がっているのですから、中身も伴って欲しいものです。高いお金を払い、貴重な時間を使っているのですから、もう少し中身のある内容にして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

住宅医スクール2017富士

住宅医スクール2017富士 昨日は一般社団法人住宅医協会主催の住宅医スクール2017富士の講義で講師を務めさせて頂きました。

ご依頼頂いた講義内容は『防蟻対策の実務-シロアリ駆除と予防法の実例』です。聴講される方は、建築士の先生や工務店さんなど現場でシロアリを見る機会のある方々です。そのため、シロアリの生態についてはいろいろと勉強されておられるようですが、実際の現場でシロアリがどのように動くのかなど、現場ベースでのシロアリ生態の話しをさせて頂きました。

また、シロアリ被害現場写真をメインに、シロアリ防除がどのように行われるのかをご紹介しました。シロアリ駆除については、一般的に行われている薬剤大量散布による駆除と予防の同時施工と、シロアリフォーラムメンバーらが行っているピンスポットでの駆除をご紹介させて頂きました。

これまで聞いてきたシロアリの生態など、実際の現場では全く異なっていることなど説明が広範囲となり、結果的に1時間半の講義の中で説明できませんでした。しかも、質疑応答の時間が取れなかったことなど、次回以降の課題にしたいと思います。

毎年聴講頂く方は変わりますが、いつも皆さん熱心に聴講頂いています。講義する側としては、こんなに嬉しいこうとありません。今後も更に精進し、中身のある講義にしていきたいと思います。当社では、シロアリに関するセミナーを行っておりますので、お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

住宅医スクール2017東京

住宅医スクール2017東京 昨日は一般社団法人住宅医協会主催の住宅医スクール2016東京の講義で講師を務めさせて頂きました。

ご依頼頂いた講義内容は『防蟻対策の実務-シロアリ駆除と予防法の実例』です。聴講される方は、建築士の先生や工務店さんなど現場でシロアリを見る機会のある方々です。そのため、シロアリの生態についてはいろいろと勉強されておられるようですが、実際の現場でシロアリがどのように動くのかなど、現場ベースでのシロアリ生態の話しをさせて頂きました。

また、シロアリ被害現場写真をメインに、シロアリ防除がどのように行われるのかをご紹介しました。シロアリ駆除については、一般的に行われている薬剤大量散布による駆除と予防の同時施工と、シロアリフォーラムメンバーらが行っているピンスポットでの駆除をご紹介させて頂きました。

これまで聞いてきたシロアリの生態など、実際の現場では全く異なっていることなど説明が広範囲となり、結果的に1時間半の講義の中で説明できませんでした。しかも、質疑応答の時間が取れなかったことなど、次回以降の課題にしたいと思います。

毎年聴講頂く方は変わりますが、いつも皆さん熱心に聴講頂いています。講義する側としては、こんなに嬉しいこうとありません。今後も更に精進し、中身のある講義にしていきたいと思います。当社では、シロアリに関するセミナーを行っておりますので、お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

講演案内

住宅医スクール2017 本日は来月以降に予定されているセミナーをご紹介したいと思います。

セミナーは住宅医ネットワークが主催する住宅医スクール2017の講義の一つを、小員が担当させて頂きます。題目は『防蟻対策の実務』で、9月14日(木)が東京で、10月4日(水)が富士、10月21日(土)が大阪となっています。

スクールは各会場必須講義が24講義、特別講義が7講義あるうちの、必須講義の一つを担当します。 詳細は一般社団法人住宅医協会の住宅医スクール2017をご参考下さい。ちなみに1講義からも受講可能だそうです。

今回は建築士の先生やハウスビルダーさん向けのセミナーです。当社ではビルダーさん向けのセミナーだけでなく、防除業者さんや各種団体向けに各種セミナー、勉強会の講師をさせて頂いております。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

狩猟免許更新講習会受講

Seminar110 昨日は狩猟免許更新講習を受講するため、西宮市市民会館に行ってきました。

狩猟免許のうち、わな猟免許を有しています。一般の方やハウスビルダーさんからの要請で、野生鳥獣の捕獲をお願いされることが多いことから、免許を6年前に取得しています。

講習の多くは銃器向けの内容が多いため、個人的には猟法毎に分け、内容の充実したものであれば良いのではないかと思いました。

法定猟法(環境省令で定める銃器、網、わなを使用する猟法)で、対象鳥獣が狩猟鳥獣、狩猟禁止場所での住宅敷地内で、狩猟期間内であれば、住宅敷地内狩猟となります。この場合は、捕獲の免許が不要です。

それでも免許を取得したのは、ペストコントロール1級技術者更新講習で狩猟鳥獣を捕獲することがあるのであれば、狩猟免許を取得して下さいと言われたからです。住宅敷地内狩猟であれば免許不要ですが、法令などを勉強しておくことに越したことはありません。結構、法令がややこしいので、捕獲される方は免許を取得されることをお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

商品説明会聴講

Seminar109 昨日はイエシロアリ駆除用ベイトシステムを開発販売されている廣瀬産業さんの商品説明会を聴講しました。イエシロアリ駆除用ベイトブリングシステムの商品説明のほか、廣瀬産業さんで保管されている古いシロアリ文献の紹介や移動可能なイエシロアリ飼育装置が紹介されました。

ブリングシステムは小員も使用している非常に秀逸なシステムで、イエシロアリの生態をきちんと理解した上で開発されています。シロアリを如何に効率よく駆除するかを考えられたシステムで、今後もイエシロアリでこのシステムが有用な物件があれば、使用して行きたいと思います。

古いシロアリ文献は先人が積み上げた知識の塊であり、技術者の誇りと責任を感じるものでした。如何に効率よくシロアリを駆除するのか、そのためにシロアリの生態を研究する姿勢、これこそが私たちの目指すところであると改めで認識しました。

廣瀬産業さんのセミナーは、シロアリ駆除を単なる儲けの手段として捉えず、技術者として必要なスキルを磨く内容となっていますので、今後も参加して行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

更新講習受講

Seminar108 昨日は、公益社団法人日本ペストコントロール協会が実施したペストコントロール1級技術者更新講習を受講するため、大阪府立労働センター(エル・おおさか)まで行ってきました。

3年に一度の講習ですが、以前よりも内容が多岐にわたっていましたした。6年前の講習では薬剤の大量散布は良しといった内容、3年前の講習ではIPMの推進がメイン、今回はゴキブリ等衛生害虫だけでなく広範囲の害虫、害獣の内容が充実していました。

更新講習は費用がかかりますが、それに見合う内容であれば問題ありません。内容がない割に、高額な更新講習費用を取るところがありますが、この講習は受講してよかったと思う内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

パソコン研修受講

Seminar107 昨日は西宮情報センターが主催するパソコン研修を受講しました。今回はスマホ対応ホームページ講座という内容なので、受講しました。今でも定期的に更新している阪神ターマイトラボのウェブサイトを充実させたいのが目的です。

今回の講座は、めざそうWebデザイナーというコースで、インターネットやCSS、HTML等の基礎知識を学ぶ内容でした。当社のウェブサイトは、ホームページビルダーでHTMLを介せず作っていましたが、やはりHTMLを勉強する必要があると思い、勉強する機会となりました。現在のサイトが老朽化しているので、できるだけ解りやすく見やすいサイトをつくりたいと思います。

10年前はフォトショップやイラストレーター、弥生会計、ホームページビルダーなどの使い方をマスターするため研修をよく受講しました。まだまだ勉強不足な点が多いので、時間を見つけて受講したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧